スキルを磨いて脱サラできるのか?No.36


社畜は生き地獄だと思い始めた頃、
とにかく社畜を脱することだけを考えていました。

 

 

どうしたら、社畜から抜け出して
脱サラできるのか?

 

自力でお金を稼ぐことさえ出来れば、
脱サラできると信念を持ちました。

 

プロブロガー

最近よくカフェなどでノマドワーカーを見ます。カフェでのんびり本でも読めないのは大変だなぁと私は思ってしまいます。
最近とても流行っている、プロブロガーですが、プロのブロガーほど大変なものはないと思っています。

 

例えば、1日200万ページビューのように莫大な数を集めて初めて30万円や50万円といったまとまった金額を稼げるとします。
そのページを作るのって本当に大変かと思います。

 

ましてや、一般人がです。芸能人はなんなく200万ページビューですよね。
しかし、一方で1日のアクセスが30〜50のような足元にも及ばないような数字でも、30万〜50万は稼いだりするわけです。
メール1通を送信するだけで、100万以上という場合もあったりするわけです。

 

大変な思いをしてページビューを稼ぐことや、毎日パソコンに追われながら仕事をしないで済んでしまうことも可能です。

 

これも選択ですね。

 

強化するために努力が必要

私がここまで来るために、努力した事がひとつあります。
それは、セールス専用のコピーライティングスキルを学んだのです。

 

営業の仕事など一切した事がなく、さらに営業の仕事はやりたいと思わなかったです。
自分の一番苦手だと思っていたところを、自己投資をして強化したのです。

 

机上の勉強だけではなく、いろいろな講演会や勉強会にも参加しました。
最初は分からない事だらけで、そうなんだ・・・・なるほど、と思う事がたくさんありました。

 

だんだん知識を得るにつれて、それは違うんじゃないか、いやいや私ならこうすると思うような場面が出てきたのです。
それって、自分に知識がついてきて自分なりに何かできるようになった力がついた証だと思ったのです。

 

それから、ひとつの商品について自分が伝えたい事を活字にして、思いをこめて、見えないインターネットの先のあなたへ、
書いてみたのです。
それから、商品ももちろん間違いのないものでしたが、わたしの思いが伝わったのが、必要な人に必要なものが届けられていると思っています。

 

感覚が同じ人たちが私のまわりに多く集まってきたのです。共感とはとても大事な事だと思います。
相手に寄り添った文面を書くこと、そしてなにより相手の役に立ちたいと本気で思って文面を書くこと、
それをより強化、魅力をアップさせてくれるのが、セールス専用のコピーライティングスキルだったと今では思います。

 

構築

今は月に数百万円以上の収入があります。
あの頃は人生っていやだな、生きるのって大変だなと度々思って生きていたのですが、今ではそんな事は微塵も思わないくらい、のびのびと生活しています。不自由のない暮らしとはまさにこのことかと思います。

 

人生楽ありゃ苦もあるさ、日本人を見ていると苦は十分やってきたのと思います。
もう楽という楽しい人生を送ってほしい事を切に願っています。

 

一度、その数百万円以上の収入を稼ぐ仕組みを作ってしまえば、あとは流れにのるだけです。
土台さえきちんとしていれば、揺るがないものとなります。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

無料メルマガ
これからのサラリーマン社会は何が起きておかしくないです。


会社が倒産です。
明日から会社にこなくてよい、いわゆるクビです。

こんなことが毎日のように全国で起こっています。


そんなことが起きても、たちまち困らないように
自分の力だけで稼ぐ力は身に付けておくことが必要です。


実際にそうなった時でいいや・・・・
それでは実際に起きた時に本当に困るはずです。


備えは必要です。


成果を出しやすいジャンル。

初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料プレゼント付き
無料講座配信中!
↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


ネットビジネスで稼ぐ
王道教材

ネットビジネスのノウハウが詰め込まれています。

詳しくはこちらのレビュー



ネットビジネスの
ネタ探し王道教材

ネタが生み出される過程が見られます。

詳しくはこちらのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

net 青山と申します。

ネットビジネスで脱サラして自由なライフスタイルを得ることができました。

世間一般のサラーマンと比べて断然、多い収入と自由な時間を確保し、毎日が楽しくワクワクする生活を送っております。

詳しくはこちら

Facebook

このページの先頭へ