シャープが下した決断、サラリーマンはどう受け止めるか?


 

シャープが奇襲の手をうちました。

 

資本金の大幅減額

約1200億円の資本金を
1億円までに減額ですよ。

 

99%以上の減資
資本金を取り崩して
累積した損失の穴埋めをする策に出ました。

 

もうこれ以上ない、最後の手段か?

 

大企業から中小企業に変わって、
法人税率の軽減措置など、
税法上の負担を軽くする狙いだったと見られます。

 

工場閉鎖、大量リストラ

液晶パネルで日本一を勝ち取りました。

 

今やその面影がなく、大量のリストラ
してきました。

 

さらに今回、約3500人の大量リストラを
計画中で希望退職者を募るようです。

 

日本の成長企業の象徴

みなさんもよくご存じの
シャーペン。

 

シャープペンシルとはなかなか
普段では呼ばないが、みなさんが
よく使っている文具でしょう。

 

日本の商標「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」がありますが、
シャープの社名の由来にもなっています。

 

1912年創業の早川徳次氏が「まねされる商品をつくれ」という
精神で急成長を成し遂げ、さまざまな製品をつくり、
日本のトップ企業にのし上がりました。

 

そして、日本の製造業をけん引してきました。

 

株価ストップ安

5/11の東京株式市場は
一時ストップ安まで値を下げました。

 

1企業の急転ではない

単なる1つの企業の転換期ではありません。
日本企業全体そのものだと言っても過言ではありません。

 

シャープが大量に希望退職を募ると言っていますが、
その社員には家庭があり、その家庭に影響を及ぼすのです。

 

生活レベルを下げて
引っ越しをしなければならないかもしれません。

 

子供は転校しなければならないし、
大学や高校を中退しないといけない人も出てくるでしょう。

 

今後の対応・準備

もう終身雇用の時代は終わりました。
会社は社員を道具としてとらえ、
残酷に切り捨てる時代です。

 

大企業の立派なシャープでさえ、
こんな状況です。

 

中小企業・ワンマン企業なら
なおさら待遇が悪いし、
状況が過酷でしょう。

 

そんな会社に頼っていられますか?
いつクビを宣告されてもおかしくない
時代です。

 

会社に依存するのではなく、
自立して稼ぐ力が必要です。

 

備えが必要です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

無料メルマガ
これからのサラリーマン社会は何が起きておかしくないです。


会社が倒産です。
明日から会社にこなくてよい、いわゆるクビです。

こんなことが毎日のように全国で起こっています。


そんなことが起きても、たちまち困らないように
自分の力だけで稼ぐ力は身に付けておくことが必要です。


実際にそうなった時でいいや・・・・
それでは実際に起きた時に本当に困るはずです。


備えは必要です。


成果を出しやすいジャンル。

初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料プレゼント付き
無料講座配信中!
↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


ネットビジネスで稼ぐ
王道教材

ネットビジネスのノウハウが詰め込まれています。

詳しくはこちらのレビュー



ネットビジネスの
ネタ探し王道教材

ネタが生み出される過程が見られます。

詳しくはこちらのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

net 青山と申します。

ネットビジネスで脱サラして自由なライフスタイルを得ることができました。

世間一般のサラーマンと比べて断然、多い収入と自由な時間を確保し、毎日が楽しくワクワクする生活を送っております。

詳しくはこちら

Facebook

このページの先頭へ