アニメーターの年収が110万円とは過酷で夢がない・・・


若手のアニメーターで動画制作の現場作業では
年収110万円が当たり前の世界だそうです。

 

アニメータは日本人でなりたい職業の中でも
特に人気のある業種です。

 

夢を売る職業がそんな現実になっているとは・・・・

 

好きなことをやっていれば、年収など問題ない
と言えばそうであるが、限界の域を超えているようだ。

 

1カ月の平均作業時間が260時間を超え、
2割近くが350時間を超える超過酷労働だ。

 

現場でも人間らしい仕事がしたいとの声も聞こえる・・・・

 

日本社会がそうさせているのだろう・・・・
日本社会はどうなっているのだ・・・・

 

つくづく、そう思う。

 

アニメーターが年収も仕事内容としても
将来、花型である職業となることは無いでしょう。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

無料メルマガ
これからのサラリーマン社会は何が起きておかしくないです。


会社が倒産です。
明日から会社にこなくてよい、いわゆるクビです。

こんなことが毎日のように全国で起こっています。


そんなことが起きても、たちまち困らないように
自分の力だけで稼ぐ力は身に付けておくことが必要です。


実際にそうなった時でいいや・・・・
それでは実際に起きた時に本当に困るはずです。


備えは必要です。


成果を出しやすいジャンル。

初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料プレゼント付き
無料講座配信中!
↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


ネットビジネスで稼ぐ
王道教材

ネットビジネスのノウハウが詰め込まれています。

詳しくはこちらのレビュー



ネットビジネスの
ネタ探し王道教材

ネタが生み出される過程が見られます。

詳しくはこちらのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

net 青山と申します。

ネットビジネスで脱サラして自由なライフスタイルを得ることができました。

世間一般のサラーマンと比べて断然、多い収入と自由な時間を確保し、毎日が楽しくワクワクする生活を送っております。

詳しくはこちら

Facebook

このページの先頭へ