ファンの獲得が成約のカギ No.5


 

アフィリエイト報酬を得るためには
ファンの獲得が成約のカギです。

 

壁を越える

ファンを確実に獲得すればアフェリエイトで6ケタを稼ぐのは可能です。
数うち、あたると思ってやっている人は、30万円の壁も越えれないと思います。

 
アフィリエイト収入を6ケタにのせるためには、ファンの獲得です。
ファンの獲得ってどうすればいいの?と思われますが、焦点を絞っていくだけです。

 

 

可能性がある人たち

今アフィリエイトで少しでも稼いでいるあなたは、
アフィリエイトを全く知らない人、全く稼げていないアフィリエイターは
ファンになる可能性が大きいと思います。

 
雇用採用でよく年齢制限をしている会社があります。それは若ければ若い方が変な知識や影響がないので、
教えるのも楽なんです。時間が少しかかるかもしれないですが、一から教え込むそれが形となっていくので
そのあとの形成もしやすいですよね。

 
さらにはあなたへ発信の情報で教えますので、その後どこに進もうとしても、
生まれたてのひよこの様にあなたについていきます。

 
教えると、教えながら自分も学んでいくメリットが出てきます。
人に教える事により自分の問題も見えてきますから、一石二鳥かと思います。

 

並走型でファンを獲得

人に教えるなんてそうそうできない、と思っているかと思いますが、
あなたはアフィリエイトで少しでも既に稼いでいますので、何も知らない方々よりは遥にあなたは知識がありますし、
実践もしているので、教えることができるのです。

 
世の中にはあなたが知っていて当たり前と思っていた事は、他の人には当たり前ではなく
まったく知らない人もとても多くいます。なので、自信がなくても大丈夫です。

 
もし、教えていて分からない点があれば学べばいいのです。
そして大事な事はファンを絞るから身近に寄り添えるといった点です。

 
身近によりそい、アフィリエイトを通じてあなたなりに大変だった話やこれがいいよとおすすめできる点、
あなたならではの物をファンに伝える事ができるのです。

 
すると、ファンはその一文に身近さやメッセージ性に共感していくといった具合になるかと思います。

 
逆にファンを絞らず、ありきたりで大衆向けの一文を書いていると、
他のものと同じになってしまいありきたりな物になってしまうのです。

 

「らしさ」を売りにする

あなたらしさが一番で大切なアフィリエイトのファン獲得につながります。
車でも、お洋服でも、会社でも、「らしさ」があるから儲かるのです。

 
ファンがつくのです。濃いファンがつくまで何度でも挑戦できます。
ぜひ色々試してみるのがいいと思います。

 
試してみた中できっとこれだ、といったものが出てくると思います。
そうしたら、そこを追求していってみてください。
そこからカリスマ性が生み出され、大事な軸がぶれないものが完成すると思います。

 

 

諦めないこと

ビジネスは失敗してもめげない事が成功の秘訣です。
まずは狙うファン層を決めて、ブログやメルマガのテーマを考えてみるのもいいと思います。

 
なにかを探して、またはなにかを知りたくてインターネットにいる人がとても多いです。
タイトルとテーマはぶれない軸つくりとして、とても重要となってきます。

 
修正は進んでいくなかで、できますので、どんどんチャレンジしてみると
自ずと道は拓けていくと思います。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

無料メルマガ
これからのサラリーマン社会は何が起きておかしくないです。


会社が倒産です。
明日から会社にこなくてよい、いわゆるクビです。

こんなことが毎日のように全国で起こっています。


そんなことが起きても、たちまち困らないように
自分の力だけで稼ぐ力は身に付けておくことが必要です。


実際にそうなった時でいいや・・・・
それでは実際に起きた時に本当に困るはずです。


備えは必要です。


成果を出しやすいジャンル。

初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料プレゼント付き
無料講座配信中!
↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


ネットビジネスで稼ぐ
王道教材

ネットビジネスのノウハウが詰め込まれています。

詳しくはこちらのレビュー



ネットビジネスの
ネタ探し王道教材

ネタが生み出される過程が見られます。

詳しくはこちらのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

net 青山と申します。

ネットビジネスで脱サラして自由なライフスタイルを得ることができました。

世間一般のサラーマンと比べて断然、多い収入と自由な時間を確保し、毎日が楽しくワクワクする生活を送っております。

詳しくはこちら

Facebook

このページの先頭へ