氷河期時代にドップリ社畜になれなかった人の正社員化で助成?


バブル崩壊後の就職氷河期とは
1990年代後半~2000年前半と言われます。

就職氷河期

この時期に会社の社畜の道を選ぼうとして
ドップリと社畜に浸かれなかった人間。
現在、無職や非正規社員を指します。
これらの人間を正社員にした企業に対して、
国が助成金を支給するそうです^^;

 

少子化の問題もあり、この年代は働き盛りでもあるので
生産年齢人口を活発化させる狙いなのだが、
果たしてこんな思惑が実現するのでしょうか?

 

答えはNO(笑)

 

これを逆手に悪知恵を働かせる企業が
出没し、また社畜になろうとする人間を
傷つけるハメになるでしょう(笑)

 

この年代の人間は親も定年退職して、介護をしたりしている
人間もいて、現役で稼ぐ中心世代ともなっており、
正社員化で生涯賃金を上げる狙いもあるそうだが、
そんなことで解消するはずがないでしょう(笑)

 

たしかに、この年代は
希望する会社に入れなかったり、
会社を転々と転職を繰り返したり、
非正規社員や失業者にもなっています。
いわゆる社畜思考の枠組みの中で負け組と言ってもよいでしょう。

 

国や企業が表上、救済するような形に見えるが
負け組が翻弄されるだけでしょう。

 

まず負け組が新たに会社の社畜になれたとして
すでに存在する社畜上司は年下で、年下の出来そこない社畜も
キャリアをそれなりに積んでいて、負け組をネチネチと
痛みつけるでしょう。

 

その負け組はまた思惑とは違う社畜から外される道を
選ばざるをえないでしょう。

 

こんな制度で負け組が社畜になろうとする
意味が分かりません。

 

社畜になろうとする会社の仕事はやりたい仕事ですか?
生活費を稼ぐために嫌々、社畜になろうとしていますか?

 

今さら社畜ですか?
そんなに社畜になりたいですか?
社畜ってそんなに魅力的ですか?

 

色々と問いかけたいです。
その年代になって社畜なろうとする気持ちが
理解できないです。

 

もういい歳でもあるので
自力で稼ぐ自立する道を選んだほうが
賢明ではないでしょうか?

 

稼ぐ術を知らないのであれば、
稼ぐ術を身に付ければよいだけのことです。
やりたくない仕事で小金しかリターンがないのなら、
人生という大切な時間を切り売りするだけです。

 

こんな制度で社畜になろうとする負け組、
社畜をさらに増やそうとする国や企業、
双方の気持ちが理解不能です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

無料メルマガ
これからのサラリーマン社会は何が起きておかしくないです。


会社が倒産です。
明日から会社にこなくてよい、いわゆるクビです。

こんなことが毎日のように全国で起こっています。


そんなことが起きても、たちまち困らないように
自分の力だけで稼ぐ力は身に付けておくことが必要です。


実際にそうなった時でいいや・・・・
それでは実際に起きた時に本当に困るはずです。


備えは必要です。


成果を出しやすいジャンル。

初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料プレゼント付き
無料講座配信中!
↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


ネットビジネスで稼ぐ
王道教材

ネットビジネスのノウハウが詰め込まれています。

詳しくはこちらのレビュー



ネットビジネスの
ネタ探し王道教材

ネタが生み出される過程が見られます。

詳しくはこちらのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

net 青山と申します。

ネットビジネスで脱サラして自由なライフスタイルを得ることができました。

世間一般のサラーマンと比べて断然、多い収入と自由な時間を確保し、毎日が楽しくワクワクする生活を送っております。

詳しくはこちら

Facebook

このページの先頭へ