長時間労働の削減化が社畜人間や日本社会を救うのか?


長時間労働がクローズアップされて
長時間労働をしないような動きになっています。

 

果たして、その動きが社畜人間や日本社会を
救うのでしょうか?

社畜

単刀直入に言って、答えはNOだと思います。

 

今まで長時間労働してきた組織・会社が
例えば、定時日を設けて早く帰ろうという
取り組みを行ないます。
では、やらなければいけない仕事は
誰かやるのでしょうか?

 

おそらく家に持ち帰ったりして、
サービス残業化していると思います。

 

なぜなら、やらなければならない仕事が
あるはずで、どこで処理をするのか?
代わりにやってくれる人はいるのか?

 

表上は早く帰宅させているだけで
その社畜はどこかで会社以外のところで
場所を替えて処理しているだけのことです。

 

1日あたりの労働時間を減らすことによって
ワークシェアリングして雇用を増やしたいことが
日本政府の狙いでしょうが、そんな簡単にいくはずがないです。

 

雇用を増やすことによって人件費が増えます。
企業は人件費は増やしたくないです。
だから、残業してもらって人件費を抑えます。
社畜をさらに増やすことよりも、今いる社畜に
残業してもらった方が、断然、人件費は抑えられます。

 

社畜は社畜で残業代が減ると困るはずです。
本当にワークシェアリングされて
残業が減ったら、所得が減るわけで
生活に困る社畜も多いことでしょう。

 

社畜の所得が上がって生活に余裕が出来ないと
少子化は解消されないです。

 

社畜が家に帰ってゆとりの時間が出来たとしても
余裕資金で使うお金が無ければ、どこにも行けないし、
遊ぶお金もないでしょう。子供を生む余裕もないでしょう。

 

企業としては好景気になっても
社畜への所得は比例して反映させません。
出来るだけ増額を抑えます。
不景気になったら、当然、給料は増えないし、
色んな意味で引き締めを行なうでしょう。

 

長時間労働抑制・所得増大→少子化解消

 

この流れを理想としているのでしょうが、
政府・企業・社畜のそれぞれの思惑や事情があるので
現状、打破するのは難しい状況です。

 

1つ言えることは社畜は常に受け身です。
国や会社の言いなりなので、
国の政策や会社の規則で給料を縛られているので
所得を自分自身でコントロールできません。

 

自分で所得を増やしたいなら、
自力で稼ぐ力を少なくとも身に付けるべきです。

 

明日、会社が潰れても困らないでしょうか?
明日、会社が潰れても自力でお金を継続的に
稼ぐことが出来るでしょうか?

 

国や会社はもう助けてくれない時代になっています。
年金崩壊や退職制度も見ても明確です。

 

そろそろ社畜人間から目覚めるべきではないでしょうか?

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

無料メルマガ
これからのサラリーマン社会は何が起きておかしくないです。


会社が倒産です。
明日から会社にこなくてよい、いわゆるクビです。

こんなことが毎日のように全国で起こっています。


そんなことが起きても、たちまち困らないように
自分の力だけで稼ぐ力は身に付けておくことが必要です。


実際にそうなった時でいいや・・・・
それでは実際に起きた時に本当に困るはずです。


備えは必要です。


成果を出しやすいジャンル。

初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料プレゼント付き
無料講座配信中!
↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


ネットビジネスで稼ぐ
王道教材

ネットビジネスのノウハウが詰め込まれています。

詳しくはこちらのレビュー



ネットビジネスの
ネタ探し王道教材

ネタが生み出される過程が見られます。

詳しくはこちらのレビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

net 青山と申します。

ネットビジネスで脱サラして自由なライフスタイルを得ることができました。

世間一般のサラーマンと比べて断然、多い収入と自由な時間を確保し、毎日が楽しくワクワクする生活を送っております。

詳しくはこちら

Facebook

このページの先頭へ